スタンダードチャータード銀行の沿革

グローバルネットワーク

スタンダードチャータード銀行(本店英国ロンドン。スタンダードチャータードPLCを最終持ち株会社とする)は、世界 70 ヵ国に事業ネットワークを展開する大手インターナショナルバンクです。

スタンダードチャータード銀行の誕生

スタンダードチャータード銀行は、1969 年にスタンダード バンク オブ ブリティッシュ サウス アフリカ(Standard Bank of British South Africa)と、チャータード バンク オブ インディア オーストラリア アンド チャイナ(Chartered Bank of India, Australia, and China)の合併により誕生しました。

チャータード銀行

チャータード銀行は、早くからアジア各国に支店を開設し、現地法人向けの融資を行ってきました。 1862 年に、香港における紙幣発行許可を取得し、その後、アジア数ヵ国で紙幣発行を手掛けました。現在、スタンダードチャータード銀行は、香港における紙幣発行銀行 3 行のうちのひとつです。

日本におけるスタンダード銀行

スタンダード銀行は、南アフリカをはじめとするアフリカ各国に積極的な業務展開を行い、その後アジア数ヵ国にも支店を開設しました。また、日本・横浜では、1880 年に初めての駐在員事務所を設立し、法人事業を展開してきましたが、1923 年の関東大震災により、多くの現地行員を失いました。またチャータード銀行は、多くのアジア諸国が日本に占領された第二次世界大戦中に、その影響を受けています。 1949 年、大蔵省より営業許可証を取得いたしました。

第二次世界大戦後の歩み

第二次世界大戦後、アジア・アフリカ諸国が次々と独立を果たしていく中、両行は業務拡大や買収を通じて世界的な支店網を構築してきましたが、1969 年、友好的合併を通じてスタンダードチャータード銀行を設立しました。その後、英国系金融機関の買収により、イギリス国内にも事業ネットワークを確立しました。以後、欧州諸国や北米・南米地域においても、多数の店舗を開設しています。

1980 年代

1980 年代、すでに安定した事業基盤を築いていたアジア・アフリカ・中東地域において、コンシューマーファイナンス、コーポレートファイナンス、トレジャリー業務等のコア業務への専念を決意し、これにより、特に、欧州・米州・アフリカ地域における投資事業をリードする大手銀行に成長しました。この期間、当行は大規模な再編を行い、この結果、経営陣が大きく変わり、主事業がさらに強化されました。

1990 年代

1990 年代、アジア・南米地域において、新たに支店・駐在事務所を開設。現在では北朝鮮を除くアジア・太平洋地域のほぼすべての国々に事業拠点を置いています。

現在

現在、スタンダードチャータード銀行は、アジア・アフリカ・中東地域に広範な事業ネットワークを有する大手インターナショナルバンクとして、お取引先に向けてグローバルレベルで金融サービスを提供しております。特に、急成長を遂げる新興国市場においては、各地域において長年にわたり蓄積した知識・経験を十二分に生かし、同市場へ投資を行う法人顧客の皆様の「真のパートナー」として、トップクラスのサービスを提供しております。

また、当行は、コア事業によるオーガニック成長を基盤とし、戦略的買収を進めてまいりましたが、その一環として 2008 年 12 月には、アメリカン・エキスプレス銀行の事業譲受を完了。両行のトップクラスの業務サービスが統合されることにより、商品ラインアップや広域でのサービス提供が飛躍的に拡充されました。

スタンダードチャータードの沿革

詳細については 当行グローバルサイト にてご覧ください。

 

First Branch in Yokohama

1949 年 開業当時の横浜支店外観

Business License by the Ministry of Finance

1949 年 12 月 28 日大蔵省発行の銀行業務許可証

Marble Vault Imported from England

イギリスから取り寄せた大理石の金庫(横浜支店内 1949 年)

The Standard Chartered Building in Hong Kong Central

香港 セントラル 1970 年代 スタンダードチャータードビル

Sanno Park Tower in Tokyo

東京・山王パークタワー

 

世界のスタンダードチャータード銀行

スタンダードチャータード銀行は、世界で最もダイナミックな市場-アジア・アフリカ・中東地域において 150 年以上の歴史を誇る銀行です。私たちは、同地域の先駆者であり続けることを目指しています。

海外の事業内容について(英語) »

Here for good

スタンダードチャータード銀行のブランドプロミス、Here for good。良い時も悪い時も常にお客様の傍らに寄り添い、正しくあるために努力し続けることを目指しています。

Here for good について(英語) »

Back to Top